世界から注目を浴びる建築家・石上純也氏の設計により2018年に誕生した「水庭」。
緻密な計算によって配置された318本の木々と大小160の池=ビオトープが織り成す、前代未聞のアート空間です。
この美しいランドスケープはメディテーション=瞑想の場所として、オープン以来国際的な注目を集め、2019年には「人類の進化に貢献する傑出したプロジェクト」に贈られるデンマークの賞「オベルアワード」を受賞しています。

タカラレーベンのCSR活動であるこのプロジェクトに弊社も関わらせて頂けることを大変誇りに思います。

 

- share -

シェアする

facebook twitter はてブ